あおぞらにんぎょ2011年01月29日 12時09分05秒

 朝起きたら枕元に人魚が置いてあった。
「やった、願いが叶った!」
 ボクは喜びのあまり、鱗が黒光りする人魚を抱き上げた。
 説明書を読むと、その鱗は太陽電池になっているらしい。

 西暦二一○○年。
 二酸化炭素濃度の上昇に伴う温暖化がいよいよ深刻になった。
 このままの状況が続くと、古生代と同じ環境になって人類は死滅してしまう。
 そしてこの問題は、科学にとどまらず宗教にも及んだ。
 神は人をお造りになる前に、二酸化炭素を減らす生き物をお造りになったのではないか?
 困った宗教団体は、新たな学説を提唱した。

「人魚だ人魚だ。神様が地球で最初にお造りになった人魚だ!」
 嬉しくなったボクは、早速人魚を抱えて家を飛び出した。
 照りつける光を太陽電池に受けて、ウイーンと人魚が動き出す。
「初めまして。あたし水辺に行きたいな」
「じゃあ、ボクが連れて行ってあげるよ」
 近所の池に人魚を浮かべると、彼女は生き生きと泳ぎ出した。

 宗教団体が造り出した人魚のおもちゃは、泳ぎながら口から二酸化炭素を吸ってそれを水に溶かす。
 そして、古生代もこんな風に二酸化炭素が減ったと教えている。
 今日も各地の水辺では、太陽の光を浴びて沢山の人魚が泳いでいる。



500文字の心臓 第101回「あおぞらにんぎょ」投稿作品

コメント

_ haru ― 2011年01月29日 19時24分12秒

みんなが、同じタイトルで競作するんですね。それぞれの感性で、
タイトルが同じでもまるで違う個性が競作し合っているようです。
「にんぎょ」って人魚ですよね?「にんぎょう」が人形ですよね?
あらら、私は、いつもトンチンカンなコメントですみませんです。

_ haruさんへ(つとむュー) ― 2011年01月31日 07時44分49秒

タイトル競作、面白いです。
「あおぞらにんぎょ」を、どのように解釈しもいいんです。「青空に、ンギョ」でも。それで作品が書けるかどうかは、また別の問題ですけど(笑)
最初、「あおそらにんきよ」に濁点が付く、という案を考えていたのですが、ストーリーが作れませんでした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2011/01/29/5653252/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。