序曲2015年11月07日 17時37分05秒

 ボクは独りぶら下がっていた。渋じいの家の渋柿の木に。他のみんなは先に落ちちゃった。庭が七割、道路が三割かな。道路に落ちた仲間も回収するケチんぼだから渋じい。渋じいは仲間を集めて柿酒を作ってる。早くボクもその中に入りたいなあ。干し柿は絶対いやだ。紐で縛られて寒空に晒されるなんて虐待だよ……。
 渋じいは柿の木を見上げていた。「もう、最後の一個になってしまったか」と。そういえばさっき、孫娘の旦那からもうすぐ産まれそうだと連絡があった。最後の一個は記念の干し柿にしてみるか。道路に落ちそうなのが心配だが……。
 少女は病床から窓の外を眺めていた。向かいの家の大きな柿の木にポツリと一つ残った柿の実。「今日も元気ね、落ちない君」。私、勝手にそう呼んでる。でも、もしかしたら、あの実が落ちたら私の命も……。
 二郎はムシャクシャしていた。今日の野球の試合は完投できそうだったのに、九回裏にライトの一郎と交代させられてしまった。「俺ってそんなに頼りないのかな」。見上げる柿の木が潤んで見える。あの一つ残った実を思いっきり投げてみたら、少しは憂さを晴らせそうなのに……。
 その時、風が吹いた。ボクの体はふっと宙に浮いて――



500文字の心臓 第143回「序曲」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2015/11/07/7894495/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。