お願いします2015年07月26日 10時13分22秒

「お前、今まで星にお願いしたことないだろ?」
 五年前の七夕祭りの夜、二人きりの公園で健太が私に言った。
 星に興味が無いことはバレバレだった。だって宙を見上げる健太の方がずっと素敵だったから。
「あ、あるわよ……。でも星が流れるのって一瞬じゃない? 三回もお願いするなんて無理だよ」
 仮にお願いできたとしても、本当に叶うとは思えないし。
「ほら、やっぱり。気合いが足りないんだよ気合いが。やる気になればできる!」
 いつも空を見上げて、星が流れるたびに早口言葉を唱える健太。そんなあいつが、本物の宇宙飛行士になるとは思わなかった。
「大気圏突入で宇宙船が燃え尽きる時ってさ、流れ星の三倍長く光るんだってよ」
 帰還を翌日にひかえた交信で、健太は突然、縁起でもないことを言い出した。
「これは鈍くさいお前のために言ってるんじゃないからな。俺の人生が、少しでも世界中の人の役に立てたらいいなって……」
 そんなこと言わないで。私のお願いはたった一つなんだから。
 それにもしそんなことになったら、私は一体何をお願いすればいいの?
 今夜あいつの帰還を見上げながら、胸の前で組んだ手にぎゅっと力を込めた。



500文字の心臓 第140回「お願いします」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2015/07/26/7716772/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。