青い鳥2013年06月29日 09時12分33秒

「ねえ、パパ?」
 マズい。娘がこんなに甘い声を出すのは、何かをおねだりする時だ。
「また、アレを注文してほしいんだけど……」
「アレって青い鳥か? 今年でもう三羽目じゃないか」
「だって好きなんだもん。今度はお小遣いで払うからいいでしょ?」
 今やネットで簡単に手に入る青い鳥。なんでも昔は、捕まえるのにとっても苦労したそうだ。外国の兄妹の奔走話が有名だが、そんなことを現代っ子に言っても理解してもらえそうもない。
「仕方がないな。来月のお小遣いから引いておくからな」
「やった!」
 喜ぶ娘を横目に、俺はネット通販のページを開いた。

 翌日。通販会社から大きめの段ボール箱が届く。
「ねえ、パパ。開けてもいい?」
 そわそわしながら俺を見上げる娘。
「いいんじゃねえの? お前のお小遣いなんだし」
 段ボール箱を受け取る時の満面の笑顔に俺は弱い。
「あー、箱の外からも分かるこの感覚、この匂い。やっぱり青い鳥って最高」
 娘は目を細めながら、勢いよく段ボール箱のジッパーを引いた。



500文字の心臓 第123回「青い鳥」投稿作品

コメント

_ www.krogerfeedback.com ― 2017年04月29日 13時23分05秒

Great blog you have here.. It's difficult to find quality writing like yours these days.
I truly appreciate people like you! Take care!!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2013/06/29/6881151/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。