情熱の舟2013年01月26日 08時59分52秒

 出航直後の甲板では、乗客同士の自己紹介が始まっていた。
「自分は海が大好きで、やっとこの船に乗れたんです」
「僕は船が趣味。それであなたは?」
「私は特に好きなものはなくて……」
「それでよくこの船に乗れましたね?」
「十年前にこの船に乗った父を探しておりまして。それで乗せてもらえたんです」
「それは失礼しました。あなたのような娘さんは珍しくて、どんな趣味に情熱を注がれているのか気になったもので」

 それから三日間、海は荒れに荒れた。
「もう海はコリゴリだ。船を降りる!」
「僕はまだ降りません」
「私も父探しを続けます。それではさようなら」

 さらに三日間、天候は回復しなかった。
「もう限界だ。僕も船を降ります」
「私も父探しを諦めます」
「あなたは船を降りられませんよ」
「なぜなんです船員さん。父探しの情熱はもう失せたんです」
「理由はあなたの心に聞いて下さい」

 それから数日後、船は最終目的地に着いた。
「ありがとう船員さん。でも、どうして私を乗せ続けてくれたんです?」
「あなたは自分の趣味を捨てなかったじゃありませんか。ほら、お父様がお待ちですよ。十年前、女装に情熱を燃やして家出したあなたを探し、この船に乗ったお父様が」



500文字の心臓 第119回「情熱の舟」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2013/01/26/6701817/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。