熱くない2014年11月30日 15時33分06秒

「ダメじゃ、それに触ったら!」
「ビ、ビックリしたぁ……。いきなり叫ばないでよ、おじいちゃん。大丈夫だよ、これ電角でしょ?」
「電角? とにかく、消したばかりの電球に触ったらいかん! 大火傷するぞ!」
「だから言ってるじゃない、電球じゃなくて電角なの。デ・ン・カ・ク」
「なんじゃ、その電角っちゅうのは?」
「去年、法律が変わったでしょ。 白熱電球と区別するためにLEDはすべて角型になったのよ。丸くなければ熱くないの。わかった?」
「なんだかよくわからん。エルなんとかって横文字を出せば誤魔化せると思って、年寄りをバカにしとるじゃろ?」
「なによ、親切に教えてあげてるのに。嘘だと思ったらそれ触ってみてよ、おじいちゃん」
「そんなことできるわけないじゃろ?」
「だったら私が触ってみるから」
「だからやめろと言っとる。火傷するぞ」
「じゃあ、おじいちゃん、触ってみて?」
「それはできん」
「じゃあ、私が」
「それはいかん」
「じゃあ、そこで笑ってるお父さん」
「えっ、俺? 俺は……」



500文字の心臓 第135回「熱くない」投稿作品☆逆選王

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2014/11/30/7506716/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。