うめえよ2015年10月05日 21時15分37秒

『この先、渋滞が発生しています』
「じゃあ、抜け道検索頼む」
『わかりました』
 先程買ったカーナビを取り付けてもらい、早速ドライブに出掛けてみる。加速度センサーや人工知能が付いた最新型だ。
『次の信号を右に曲がって下さい。その先しばらく道なりです』
 俺はナビを試すため、わざと信号を左に曲がってみた。
『んん、もう。右だって言ってるのに』
 おっと、店員さんに勧められるままツンデレを基本モードにしてたんだっけ。面倒臭いからモードを変えてみるか。
「アゲアゲモードに変更!」
『あいよ、再検索するぜ旦那』
 威勢のよい男性の太い声が車内に響く。
『狭めの市街地と、気持ちの良い広域農道、どっちがイイ?』
「もちろん農道で」
『じゃあ、次の信号右な』
 やっぱりナビはこうでなきゃ。
 気分が良くなった俺は、小刻みに繰り返すカーブで軽快なハンドル捌きを披露する。
『すげえな、旦那』
 ほお、さすがは新型。加速度計測も正確らしい。
「そうだろ?」
『運転うめ……』
 その時だった。ガタンと段差による衝撃でフリーズしてしまったのは。
 なんだよ、いいところだったのに。
 そしてリセットされたナビが続けたのは――
『意外と上手いじゃない』
 ツンデレも悪くないか。



500文字の心臓 第142回「うめえよ」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2015/10/05/7827450/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。