やわらかな鉱物2014年07月19日 11時04分37秒

「ねえ剛、最後に見せたいものって何?」
 晶子を喫茶店に呼び出した剛は、テーブルの上に置いた右手をゆっくりと開く。掌の中から現れたのは一粒の結晶だった。
「へえ、綺麗ね。それって水晶?」
「トパーズだよ」
「トパーズ? だってそれ透明じゃない?」
「本来、トパーズって透明なんだ。嘘だと思ったら、その水晶のペンダントで擦ってみるといい。やらわかい水晶の方に傷がつく」
「嫌よ。このペンダントは母の形見なんだから。ていうか、それってこの間の仕返し?」

『あなたと居ると私の心が傷つくの。だから距離を置きましょ』
 剛は、晶子の言葉を思い出していた。

「君の言葉で目が覚めた。すべては僕の強がりだったんだ。本来の自分をさらけ出すと僕の方が傷つきそうで、それが恐かった」
 剛はコーヒーを一口含むと、ゴクリと飲み込んだ。
「君を失いたくない。だから、このトパーズのような強がりを捨てる。君となら傷ついても構わない」
 射抜くような視線に根負けした晶子は、剛に右手を差し出す。
「じゃあ、それ貸して。あなたの言葉が本当か試してみるから」
 そして晶子はペンダントに語りかけた。
「いいよね、お母さん?」
 キラリと光る結晶面は、微笑んでいるように見えた。



500文字の心臓 第132回「やわらかな鉱物」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2014/07/19/7392660/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。