メビウスの帯2013年08月12日 21時49分03秒

「ねえ、私達、何でも二つに分けましょ?」
 新婚初夜、枕元で妻がささやいた。
「離婚する時に備えてね」
 何もこんな時に、と思わなくもないが、そんなドライな彼女が好きだった。
「子供はどうする?」
「偶数にして親権を分けるのよ」
「じゃあ、今日授かるかもしれない子は俺が貰ってもいいかな? 育休は取るからさ」
「わかったわ。二人目は私ね」
 こうして俺達は何でも二つに分けた。まるで、結婚という道にセンターラインを引くように。
 やがて道は下り坂に差し掛かる。
「疲れたわ。そろそろ離婚しない?」
「ああ、いいぜ。普段から分けているから手続きは簡単だな」
「財産も相続も分けているしね。私の財産は子供一人、孫二人への相続よね」
「俺もそうだ。ん? 待てよ、息子のところってそろそろ産まれるんじゃなかったか?」
「んもう、何よ。これじゃ、離婚できないじゃないのよ」
「まあ、もうしばらく待とうぜ」
 その後もセンターラインを引く結婚生活が続いた。
「子供一人、孫三人、曾孫七人、玄孫十七人で数が揃ったわね」
「ようやく離婚できるな」
「ついにやったわね」
「そうだな、おめでとう」
 世の中にはセンターラインで切ると一つの輪になってしまう帯があるらしい。



500文字の心臓 第124回「メビウスの帯」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2013/08/12/6944816/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。