ペパーミント症候群2010年08月07日 09時34分05秒

「おーい、薫君。ペドフって何なのかね?」
 私はたまらず秘書を呼ぶ。
「さあ、知りませんけど」
 薫君は私のパソコンを覗き込む。
「やだぁ、社長。PDFですよ、ピーディーエフ」
 なに!? ペドフじゃなかったのか……
 恥ずかしさのあまり私が俯くと、薫君は慌て始めた。
「ご、ごめんなさい、社長。悪気は無かったんです……」
 顔を上げると薫君も赤くなっている。
「じゃあ、PDFとやらを作ってくれるかね」
「はい、承知しました」
 薫君が微笑んだ。

 昨日、私は営業の鈴木君に、得意先の情報を書類で送るとメールした。すると――
『社長、その書類をPDFにしてメールで送ってもらえませんか?』
 という返事が来たのだ。
「薫君。書類はこれなんだが」
「分かりました。これをPDFにして鈴木さんに送ればいいのですね?」
「そうだ。それにしても何で紙じゃダメなんだ?」
「携帯やiPadを使って電車の中で読むんじゃないでしょうか?」
「全く最近の若者は機械ばかりに頼りおって。そういう紙を見ない輩を『ペーパー見んと症候群』と呼ぶんだよ」
「あら、アンドロイドの私に書類を読み聞かせてもらっているのは誰かしら?」
 そう言って薫君は、PDFを作るために書類を飲み込んだ。



500文字の心臓 第97回「ペパーミント症候群」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2010/07/15/5220054/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。