鈴木くんのモロヘイヤ2014年02月02日 21時33分57秒

 初夏を迎えると、鈴木くんが丸坊主になった。と思ったら、頭の上から葉っぱが生えてきた。
「何の葉っぱ?」と訊いてみると、鈴木くんは「モロヘイヤ」と答える。
 夏になると、モロヘイヤは青々と葉を茂らせた。
「ほら、栄養満点。野菜の王様だよ」
 葉っぱを一枚一枚手で収穫しながら、鈴木くんは貧しい子供達を訪問する。
「ありがとう、お兄ちゃん」
「いつもいつもありがとうございます」
 夏の鈴木くんは人気者だ。
 秋分の日を過ぎると、モロヘイヤから小さな黄色い花が咲き始めた。
「きれいだね、お兄ちゃん」
「まあ、可愛らしいですね」
 花を見せて回る鈴木くんも、人気者だった。
 やがて花は長い鞘となり、鈴木くんは中から小さな三角形の種をたくさん収穫する。
「お兄ちゃん、それ食べられるの?」
「欲しい? だったら、ちょっと人探しをしてほしいなあ」
「なに? その人探しって?」
「僕と同じように、体からモロヘイヤが生えている人を見つけてほしいんだ。そしたら、見つけた人数分だけ種をあげるよ」
 きっとその人も鈴木くんだからと、手のひらで種を転がしながら鈴木くんは微笑んだ。



500文字の心臓 第128回「鈴木くんのモロヘイヤ」投稿作品

コメント

_ minecraft ― 2017年02月26日 01時06分37秒

Hey there! I simply would like to give you a big thumbs up for the great info
you have right here on this post. I will be returning to your site
for more soon.

_ minecraft ― 2017年02月26日 05時38分09秒

I have to thank you for the efforts you have put in penning this blog.
I am hoping to check out the same high-grade blog posts by
you later on as well. In fact, your creative writing abilities has encouraged me to get
my own website now ;)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2014/02/02/7210444/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。