もみじ2013年11月16日 09時17分54秒

 秋とは思えないほど暑い昼下がり、公園の喫煙コーナーで一服中の俺に掛けられたのは、「おまたせ」と聞いたこともない女の声だった。振り向く俺の頬は、いきなりのビンタに襲われる。
「何すんだよ!」
 俺の顔を確認して、女は青ざめた。
「ご、ごめんなさい。あの、その、人違いで……」
 人違いだって? そんな理不尽なことってあるかよ。
「本当にごめんなさい。この埋め合わせはしますから。あっ……」
 何かを見つけた女の視線を追うと、車椅子も入れる公園の大きなトイレだった。
「ちょっとあそこに行きませんか?」
 言われるまま二人で個室に入ると、女はブラウスのボタンに手を掛けた。
「えっ?」
「私の背中でよければ……」
 目の前に現れた女の綺麗な白い肌。俺があっけに取られていると、女が俺の表情をうかがう。
「ごめんなさい。これじゃ叩きにくいですよね」
 そう言いながらブラを外す女。恥ずかしそうに手で隠す胸を見ないようにしながら、俺は意を決して女の背中を平手打ちした。
「いっ……。これで恨みっこなしですよ」
 そそくさと服を着てトイレを後にする女の透き通るような背中を、俺はしばらく忘れることが出来なかった。



500文字の心臓 第126回「もみじ」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2013/11/16/7057776/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。