告白2012年04月07日 07時22分06秒

「お前の事が好きだ」と、はにかみながら俺を見つめる吾朗の唇には髭が黒々と光っている。こいつは髪質が硬そうだから、きっと髭も硬くて痛いに違いない、って俺は何を考えてるんだよ、こいつとキスするわけでもないのに。「どうしてもダメか?」「ああ」「理由を聞かせてくれよ」と迫る吾朗。でもやっぱり俺は、吾朗の髭が気になってしまう。俺の髭も吾朗と同じくとても硬い。しかも、先端の枝毛がカールしているのだ。「やっぱりお前は純一郎のことが好きなんだな」「ゴメン吾朗」「そうだよな、あいつはイケメンだもんな」。違うんだよ吾朗、純一郎は髭がすごく柔らかいんだ。キスすると、俺たちの髭は気持ちよくくっつくんだよ。そう、それはマジックテープのように。ぴたっ、べりッ、ぴたっ、べりッ。純一郎とのキスは極上の感触なんだから。「じゃあこれを最後にするから!」「何をするんだ吾朗、うっ……」。吾朗が強引に俺の唇を奪うと、お互いの髭が強く絡み合った。そしてべりべりべりッって、なんだよ、この心が吸い取られるような感触は。今まで味わったことがない快感。「やっぱりお前を忘れられない」「吾朗……」。そして俺たちは熱く見つめ合った。



500文字の心臓 第112回「告白」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2012/04/07/6403246/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。