すいている2012年11月04日 07時04分43秒

 あーあ、行っちゃった……。
 朝の八時三分。次の電車だと、駅から走らないと学校に遅刻しちゃう。
 秋風吹く季節になったとはいえ、日差しはまだ暑い。これじゃあ、学校に着く頃にブラウスが汗まみれになるのは確定。今日は夏服を着てきちゃったから、ブラが透けたらどうしよう。
 なんで私、乗り過ごしちゃったんだろう……。
 下を向いてうだうだしていると次の電車がやってきた。
 へぇ、一本後の電車って意外と混んでないのね。反対側のシートに座る人が見える——って、えっ、彼ってこの電車に乗ってるの?
 隣のクラスの学級委員長で和紙部のキャプテン。
 シートに深く腰掛け、本を読んでいる。
 私はそろそろと近づき、彼の前のつり革につかまった。
 なんていう本を読んでいるんだろう……?
 あっ、目が合っちゃった。うわっ、胸がドキドキしてる。
 電車が減速し始めると彼は静かに本を閉じた。
 チラリと見えたそのタイトルは、『SWEET TAIL』。
 さあ、学校までのダッシュ競争は、抜かされてもちゃんとついていかなくちゃ。



500文字の心臓 第117回「すいている」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2012/11/04/6623202/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。