鈴をつける2012年06月23日 09時24分56秒

「きゃっ!? 何やってんのよ、冷たいじゃない!」
「も、申し訳ありません」
「んぅ、もぅ、気をつけてよね、そこの花屋さん」
「ただ今、拭きますので……」
 俺は謝りながら、店先で水を掛けてしまった女性の髪を丁寧に拭く。水は服にも掛かったようだ。
「ちょっと、どこ触ってんのよ。もういいわ、私急いでるから」
「すいません……」
 先を急ぐ女性が角を曲がり、姿が見えなくなると、俺は無線に向かって呼びかける。
「ターゲットと接触。特殊塗料の付着に成功しました」
『よくやった。今、衛星画像でチェックするから、お前は次のポイントへ向かえ』
「了解」
 俺は国立情報機関の諜報員。尾行対象の女性、戸坂鈴に、透明な特殊塗料を付ける役目を負っている。
『おい、聞こえるか?』
 しばらくすると無線が鳴った。
「はい」
『駄目だ、塗料の付着が不十分だ。やり直し!』
「でも、私の面は割れてますが」
『そこをなんとかするのがプロだろうが!』
「わかりました。で、次はどんな方法で?」
『蕎麦屋の出前だ。次のポイントに自転車と塗料入り蕎麦を用意させている。今度は失敗するなよ』
 仕方ねえなと独り毒づくと、俺は手ぬぐいを取り出し、顔を隠すように深く頭に巻いた。



500文字の心臓 第114回「鈴をつける」投稿作品

コメント

_ haru ― 2012年06月26日 09時23分25秒

鈴を付けるのお題でしたか。
どうしても猫の首に。。。を連想しがちですが、
さすがつとむューさん。戸坂鈴さんに特殊塗料ですか。(笑)
うぅ~ん。。。蕎麦つゆ成功なるでしょうか?(笑)
たのしませてもらいました。o(^∀^)o タノシイ♪

_ haruさんへ(つとむュー) ― 2012年07月13日 20時45分13秒

すいません、haruさんのコメントに今日(7/13)気が付きました。
いつもいつも本当に申し訳ありません。
(コメント通知機能があればいいのにな・・・)

これ、鈴さんをつける(尾行する)ために鈴を付ける、って話なんですよ。
説明しないと分からないですよね。それが敗因っぽいです(笑)

次回のお題は「その掌には」。
今晩か明日あたりに作品が公開されるのかもしれません。
ヴァッキーさんも参加されているようなので、すごく楽しみです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2012/06/23/6489701/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。