Fの魔法、正の代償2015年12月26日 10時10分27秒

「Fって何だ……?」
 雄介は授業中、ずっと考えていた。
 京香が古文の教科書に書いていた記号の意味を。
 フール? ファール? まさか腑抜けのF?

 一つ前の時間は古文だった。
『け、け、ける、ける、けれ、けよ……』
 五月の陽気に、古文の呪文がすうっと溶けていく。
 涅槃の境地に達したところで、俗世から自分を呼ぶ声が……。
 はっと目を開けると、恐い顔をした先生が机の前に立っていた。
 立たされながら教室の失笑を見回すと、一人だけ教科書を見ている奴がいる。
 こんな時でも勉強かよ。優等生は違うぜ……。
 しかしそれは勘違いだった。
 京香は教科書に何かを書き込むと、ニヤリとこちらを見た。

 京香の席は、俺の二つ隣の窓際だ。
 成績優秀、容姿は……まあまあかな。
 だから今まで気に留めていなかったが、あれ以来意識してしまう。

 確かあれは『F』見えた。
 また何か書かれるんじゃないかと思うと、つい彼女を見てしまう。
 窓からの風を受けてサラサラとそよぐ長い髪。
 セーラー服のリボン辺りのなだらかな膨らみ。
 今が盛りと芽吹く若葉よりも、授業に集中する瞳が美しい。
『古文の教科書に書いてたFって何だよ?』
 以前なら何でもなかった質問が、俺の口を重くする。

「な~に~? あんた京香に気があんの?」
 ホームルームが終わると留美が後ろの席から小突いてきた。中学校からの腐れ縁だ。
「べ、別に……」
「そう、ならいいんだけど。ちょっと気になることを聞いたから」
「何だよ。教えろよ」
「これって私から聞いたこと秘密だよ? あの子達のグループって、あんたで賭けしてんのよ」
「えっ?」
「古文の時間ね、あんたが何回居眠りするかって賭けてんの」
 じゃあ、『F』って何だ……?
「京香の観察によるとね、あんたの古文の居眠りはいつも三回だって話だよ」
 三回、三回……。
 そっか、あれは『F』ではなくて『正』の字の途中だったのか……。

 明日の五時間目は古文だ。
 襲い来る睡魔とそれを狩る小悪魔。
 全滅してしまいそうな睡魔を応援したくなるのは、魔法にかかった自分を認めたくないからだろう。

 ◇

「五回?」
 雄介は授業中ずっと考えていた。
 京香が数学の教科書に書いていた回数を。
 俺は五回も居眠りしてないぞ!?

 一つ前の時間は数学だった。
『サイン、コサイン、タンジェント……』
 三角関数の呪文が心の中をごちゃごちゃにかき乱す。
 京香に話しかけてみたい。でも『F』の一件が心にバリアを張り巡らせて、行動に移せない。
 だからわざと寝たふりをして、彼女の気を引こうとした。
 先生に立たされながらチラリと京香を見ると、彼女は教科書に『正』の字を完成させていた。

「おい、京香達のグループ、今度は何の賭けしてる?」
 ホームルームが終わると後の席の留美に訊ねる。
「知らないわよ、そんなこと」
 なぜかふて腐れる留美。
 そのアンテナには、まだ何も捉えられていないようだ。
 一ヶ月前、俺の居眠り回数の賭けを教えてくれたのは彼女だった。
「京香のやつ、数学の教科書に『正』って書いてたんだぜ。まだ居眠りは二回だったのに」
「正の字を使って計算してたんじゃないの?」
「高校生がそんなことするかよ。真面目に答えろよ」
「そんなに気になるなら自分で聞けばいいじゃない」
「ゴメン謝る。なあ、頼みがあるんだけど……」
「なによ」
「数学の時間、俺が何を五回やってるか見ててほしいんだ」
 嫌がる留美をパフェを驕ることでなんとか説き伏せた。

 一週間後の調査結果。
「そうね、居眠りが平均二回、肩のフケが三個、ペンで耳かっぽじるのが四回」
「お前、何見てんだよ」
「細かく調査しろって言ったの、あんたじゃない」
 やさぐれる留美を横目に考える。
 やはり居眠りではなかったんだ。では五回とは?
「一つだけ……」
「えっ?」
「一つだけあったよ、五回……」
「本当か、それは?」
「あんたが京香を見てた回数」
 留美は俺から目をそらして京香の机の方を向いた。
 主の居ない放課後の窓際の席は、キラキラと梅雨間の夕日を反射させていた。
 ん? でも、待てよ。
 俺が京香を見た回数だって?
 そんなこと京香が数えているはずないじゃないか。
 だってそうなら目が合うだろ?
「なあ……」
 振り返るといつも微笑んでくれた留美の姿は、もうどこにも無かった。



共幻文庫 短編小説コンテスト 第10回「秘密」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2015/12/26/7961891/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。