あなたと出会った場所2013年09月28日 07時38分19秒

「それで、それは何処?」
「サークルの歓迎会会場だったような……」
 私は友人を一人一人尋ね、あなたの痕跡をメモに取る。
 ようやく事実を受け止めることができるようになった私。そんなささやかな行動がリハビリになると信じて。
「俺は、二次会の居酒屋だったかな」
 あなたはしっかりと、友人達の記憶の中に生きていた。
「今さらこんなことを言ってもしょうがないけど、気を落とすなよ」
 うん、私頑張る。
 うじうじしていてもしょうがないから。
 でも夜道を一人で歩いていると、つい泣きたくなってくる。
「ねえ、どうしてなの……」
 アパートの手前の線路を渡る歩道橋。ガタンゴトンと下を走る電車と冷たい夜風が、いつも私を現実に引き戻してくれる。そこはあなたと私が交差する場所。
「もう飲まないって誓ったのに」
 酔って記憶を無くして酒乱と化す自分と、いつになったら決別することができるのだろう。



500文字の心臓 第125回「あなたに出会った場所」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2013/09/28/6994606/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。