河童2013年04月15日 23時08分49秒

 県境付近に円神山という小高い山がある。山頂に不気味な池があって、干ばつにあっても水が枯れることはない。麓の集落で聞くと、ヌシが住んでいるおかげなんだそうだ。
 ある日、県からの調査依頼を受けて山を登る。すると、
「お前、水を汲みに来たんか?」
 いきなり老婆に話しかけられた。
「ええ、県の調査で」
「ならぬぞ。ここは神聖な場所じゃ。水を汲むことは許さん」
「それでは調査ができないんですけど」
「帰れ、お前なんぞ帰れ!」
 すごい剣幕で追い返された。
 次の日は、
「おじちゃん、祟りに遭うよ」
 と小学生。その次の日は、
「あんた、マジしつこい」
 と女子高生。
 この池には、どんなヌシが住んでいるというのだろうか。
「調査報告はまだ? お金払わないよ? これほどの干ばつでも池が枯れないなんて、ちゃんと解明してよね」
 県の担当者にも睨まれる。しかたがないので夜中にこっそり山に登ってみる——と、木々の奥になにやら人影が見えた。
「ほら、ちゃんと引っ張って」
「このホース、マジ重い」
「円神様のお皿を涸らしてはならぬぞ!」
 それは、集落総出で山頂の池に水道水を注ぐ姿だった。



500文字の心臓 第121回「河童」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2013/04/15/6778363/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。