ドミノの時代2011年03月05日 09時17分31秒

 ゴールデンウィーク分散化法案が可決した。
 週末の集会場は、説明を聞きに来た住民でごった返している。なんでも、人によって休暇になる週が異なるらしい。
「今年の五月の第一週は、顔にホクロが一つだけある人が休みになります」
 すると、中年の男性が手を上げて質問した。
「俺はホクロ二つだから休みは第二週だか?」
「そうです」
 男性はさらに続ける。
「ウチの娘は顔にホクロが三つあるだけんど、一緒に休めねえだか?」
「家族なら一緒で結構です」
 すると、男性の娘と思われる女の子が立ち上がって文句を言い始める。
「何勝手に決めちゃってんの? 私はホクロ三つの友達同士で、第三週に遊びに行こうと相談してんのに!」
「そういう事情なら、その友達も一緒に第二週に休んで構いませんよ」
 これを皮切りに質問が相次いだ。
「私はホクロが三つで従兄弟は一つなんですが」
「一緒で構いませんよ」
「僕は一つで彼女は二つです」
「どうぞご一緒に」
「アタイは二つで、オヤジは五つ」
「OKです」
「ワシは四つで……」
「あっ、あなたはダメですよ。ホクロの数が前と繋がってない」
「私はカシオペア、愛人はサザンクロス」
「ノープロブレム!」
 ホクロの連鎖は夜まで続いた。



500文字の心臓 第102回「ドミノの時代」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2011/03/05/5722313/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。