ありきたり2014年04月27日 21時59分48秒

 ――学校を爆破する。
 そんなことをネットに書き込もうとしているものだから、僕はあわてて麻里を制止した。
「ダ、ダ、ダメだよ、それを掲示板に投稿したら!」
 リターンキーを押そうとする麻里の右手を掴むと、彼女は静かに振り向いた。
「だって今日はエイプリルフールじゃない」
「だけど、そんなこと書いちゃダメなんだよ」
 いったい彼女は家庭でどんな教育を受けてきたのだろう。
 あ然とする僕の表情を眺めながら、麻里は静かに言う。
「じゃあ、警察を爆破、にしておく」
「余計ダメだって!」
 つい、声を荒らげてしまった。
 しゅんとなった彼女は、小さな声で僕に呟く。
「犬小屋は?」
「それなら……ってダメダメ、それもダメ!」
「じゃあ、何を爆破させればいいの?」
「うーん……」
 上目遣いで訊かれると困ってしまう。
 エイプリルフールに爆破予告していいものってなんだろう?
 腕を組んで僕は考える。
「芸術とか?」
 その答えを聞いて素早くパソコンに向き直った麻里は、ポチっとリターンキーを押した。



500文字の心臓 第130回「ありきたり」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2014/04/27/7296271/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。