神のぞみ知る2016年05月09日 06時31分40秒

 僕が真奈美をおんぶすると、彼女は耳元で小さくささやいた。
「どう? 新次郎くん」
「どうって、何が?」
 すると真奈美は照れながら、途切れ途切れに言葉を発する。
「あ、あのね、わ、私、昔に比べて、お、お、おっきくなったの……」
 おっきくなったって?
 確かに高校生になって真奈美は背が高くなった。でも幼馴染だから、僕も一緒に背が高くなってるんだけど。おんぶする感覚も、昔とあまり変わらない。
 ん? 待てよ。
 言われてみれば、確かに大きくなったような気がする。彼女のお尻に回した両手は、なかなか指先を合わすことができないでいた。
「ホントだ。昔に比べて大きくなったね、お尻が」
「なっ!?」
 言葉を詰まらす真奈美。
 彼女はいきなり僕の首に腕を回し、ギリギリと力を込め始めた。
「く、苦しい! 苦しいよ、真奈美……」
「大きいってそっちじゃないでしょ!? ほら、感じなさいよ、味わいなさいよ、想像しなさいよ、私の成長の証をっ!!」
「ぐ、ぐぐっ、ぐほっ……」
 何か柔らかいものが背中に押し当てられているような気もするが、それどころじゃない。首を締められ完全に気道が塞がれた僕は、生命の危機に瀕して――



「ん? この文章、ちっともわからないぞ」
 俺の書いたライトノベルにツッコミが入る。
「何がわからないんだよ。もっと具体的に言ってくれないか、のぞみさんよ」
「まず、ここに出てくる真奈美は、おっぱいを新次郎の背中に必死に押し当ててるんだよな? だったらなんで、新次郎はそれに気付かないんだ?」
 そんな疑問をぶつけるのは、俺の右肩にちょこんと座るミニチュア美少女、自称神様『のぞみ』だった。

 それは一週間前。
 雷撃犬賞の締切を間近に控え、必死に作品を仕上げていた俺の前に突然、彼女は現れた。「私は神様」という宣言と共に。
 二重の黒い瞳、眉毛はキリっと細く、鼻筋も通っていて柔らかそうなほっぺ。服装は黒のブラウス、黒のミニスカートに黒のニーハイだ。いわば美少女と呼べる容姿を備えていたが、背の高さは三十センチくらいだし、変なカラスの帽子をかぶってるし、おまけに背中には黒い翼が生えていた。
「お前、ま、まさか死神!?」
 おののく俺に、ミニチュア美少女は顔を真っ赤にする。
「ぶ、無礼な。畏れ多くも神様のこの私に向かって死神とは、万死に値するっ!」
 彼女は背中の翼をはばたかせ、俺の背中に回って肩をポカポカと叩き始めた。執筆に疲れていたので何気に気持ちイイ。きっと俺は幻覚を見ているのだろう。
「うがががっ、や、やめろっ! ライフが、俺のライフが減っていく……」
 どうせ幻覚ならと、俺はラノベのノリで対応した。
 本当はもっとトントンして欲しかったが、いい加減お引き取りしてもらわないと執筆が進まない。
「おおっ! 人間にはこの攻撃が効くのか!?」
 彼女も半信半疑だったらしい。
「効く、効く。死ぬぅ……バタリ」
 俺は机に伏して息をひそめる。幻覚なら、しばらくすれば消えてしまうだろう。
「むう、逝ったか……。なんじゃ、この文章は……?」
 彼女は、パソコンの画面に表示したままの文章を読み上げ始めた。

『新次郎よ、魔王の言うことを聞くのだ! 真奈美の命が惜しければ、人間界のすべてをここに記せ』

「ぐあっ、勝手に人の作品を読み上げるんじゃねぇ!!」
 俺はがばっと顔を上げ、宙に浮く少女を捕まえ、その瞳を睨みつける。
 自作を声に出して読まれるとむちゃくちゃ恥ずかしい。ミニチュアとはいえ美少女だし。
 彼女は涙目になりながら俺に訴える。
「こ、この文章には、人間界のすべてが記されているのか? ならばそれを私に教えてほしい」
 泣くなんてズルいよ。美少女の涙は最終兵器じゃないか。
 人間界のすべてというのは、あくまでもストーリー上の話だけどな。
「私は、のぞみという名の神様だ。人間のことを、二週間以内に知らなければならないのだ。神様の学校の宿題でな」

 それから、この小さな神様のぞみは、俺の作品を読みながら人間というものを勉強している。
 最初は素直に俺の言うことを聞いていたが、最近は文章に口出すことが多くなって困っている。
「おっぱいを背中に押し当てられたら、普通気付くだろ? こんな風にな」
 そう言いながら、のぞみは黒い翼をばたつかせながら俺の背後に回り、背中に胸を押しつけて来た。
「残念ながら、全然分からないぞ」
 それもそのはず、彼女の胸は見事にぺったんこだった。
「そんなことはない! どうだ、これでどうだっ!!」
 涙ぐましい努力をするのぞみ。見ていられなくなった俺は、文章を彼女にも分かる内容に書き換えてあげることにした。
「じゃあ、おんぶじゃなくて肩車にしてやるよ」


 新次郎は真奈美を肩車した。
 揺れるたびに真奈美の恥骨が新次郎の首筋に当たる。そんなさりげない感覚に、新次郎は真奈美の女の子らしさを感じていた。


「ちょ、ちょっと待った!」
「今度は何だよ!?」
 スキンシップの様子もちゃんと描写した。だから文句を言われる筋合いは無いはずだ。そのおかげで三人称っぽくなっちゃったけど。
 そう言えば、のぞみのやつ、出会った時からやけに三人称にこだわるな。神様だからしょうがないのか?
「女の子を肩車しても、首筋に恥骨は当たらないぞ」
 えっ、それって……? どういうこと?
 俺は頭の中にハテナマークを一杯にする。その様子を見たのぞみは、仕方が無いと翼をはためかせ始めた。
「お前にもわかるように、今から実践してやるぞ」
 そしてミニスカートをひるがえひながら、俺の首筋にちょこんと座ったのだ。

 むにゅっ!

 首筋に伝わる妙な感覚。
 のぞみはぱんつを直接、俺の首筋に当てて来た。
「ほらっ、恥骨なんて当たらないだろ?」
 驚いた俺は、慌てて彼女を振り返る。
 したり顔で鼻の穴を大きくするのぞみ。その態度に俺はカチンと来た。
「お前、俺を騙したな。女の子じゃないだろ?」
 するとのぞみは顔を真っ赤にする。
「し、失礼なっ! 私はれっきとした女の子だぞ。神様の世界ではな」
「人間界では、そういうのを『男の娘』って言うんだよ」
「そ、そうなのか? 初めて知ったぞ」
「その証拠にお前、ぱんつの中に何か隠してるだろ?」
「ぱ、ぱんつの中って、そんなことを女の子に言わせるのか?」
 モジモジしながら、のぞみは衝撃的な事実を告白した。
「そ、そりゃ、隠してるよ、三番目の足を。だって私、八咫烏だから……」






闘掌’16春、テーマ『春らしいもの』

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2016/05/09/8086353/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。