エジプト土産2010年09月11日 08時03分40秒

 遺跡発掘のアルバイトで、一ヶ月間エジプトに行っていた妻からメールが届いた。
『無事日本に到着! お土産を用意しているから今晩は早く帰って来てね』
 仕事が終わって自宅に着くと、なんだか薄暗い。妻が待っているはずでは? と不思議に思いながらリビングに入ると――突然の照明と共に、アラブ調のリズミカルな曲が流れてきた。そして、ビキニトップと深くスリットの入ったスカートに身を包んだ妻がなまめかしく腰を揺らしながら登場。
「ベリーダンスか?」
「ラクス・シャルキーって言うのよ、向こうでは」
 踊りながら妻が体を寄せてくる。さすがは本場仕込。腰使いも上手いし、何よりくびれがセクシーだ。
「それで土産ってなんだ? そのセクシーな衣装? 今かかってる音楽? それとも俺にダンスを教えてくれるってか?」
「何馬鹿なこと言ってんのよ。あたしよ、あ・た・し」
 激しくなるリズムに合わせて妻が腰を振ると、スリットからスカートの中がチラチラと見える。どうやら中は何も着けていないようだ。
「「お帰り」」
 俺と妻は熱いキスを交わすと、そのまま二人でベッドに倒れこんだ。

 十ヵ月後、妻にそっくりな第一子が生まれた。彫が深くて俺よりハンサムな男の子だった。



500文字の心臓 第98回「エジプト土産」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2010/09/11/5344319/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。