天国の耳2014年06月14日 21時34分28秒

 今日の新入りの一人は、耳が無かった。
「おい、お前。耳はどうしたんだよ!?」
「……」
 古株の一人が声を掛けたが反応がない。耳が無いから聞こえていないのだろう。
 すると近くにいた別の新入りが声を返す。
「コイツに何を言っても無駄ですよ。耳だけが天国に行っちまったんです」
「耳だけが?」
「そうなんです。コイツは生前、耳たぶが異様に長くて、近所のお年寄りから有り難られてたんです」
「お前たちはダチか? なんでココに来ちまったんだ?」
「オレオレ詐欺でしくじっちまったんですよ」
 地獄に来るくらいだから相当稼いだに違いない。
「コイツはすごく聞き上手で、電話に出ると長くてしょうがなかったんです。五時間って時もありました。でも不思議なことに、長電話の時ほど稼ぎが良かったんですよ」
 すると耳のない新入りは急にニヤニヤとし始めた。
「なんだよ、コイツ。幸せそうな顔をしてるぜ」
「天国では心地の良い音が溢れているらしいんです」
 うっとりと目を閉じる新入りの前で、男が二人腕を組む。
「どんな音がしてるんだろうな」
「そうですね、俺も聞いてみたいです……」
 果てしなく広がる真っ暗な地獄の天井を見上げて、二人は目を細めるのだった。



500文字の心臓 第131回「天国の耳」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2014/06/14/7344430/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。