その掌には2012年07月28日 16時41分54秒

「ね、ねえ、そこの、ロボットさん……」
 ボクが振り向くと、瀕死の少女が横たわっていた。
「ダイジョウブ? キュウキュウシャ、ヨビマスカ?」
「病院は、いいの。もう私、ダメだから……」
 少女は弱々しくボクに手を差し伸べる。
「お願い、握って……」

 SZ300。それが工業用ロボットであるボクに付けられた名前。
 指の関節が逆側にも曲がるため、L側でもR側でも物を優しく握ることができる。

「ありがとう……」
 ボクがL側で少女の手を握ると、彼女は安堵の表情を見せた。
「アタタカイ」
 手に設置された温度センサーが値の上昇を感知した瞬間、少女は全身から青白い光を放つ。
「ばいばい、優しいロボットさん……」
 轟音と共に、少女の体は消滅した。

「おい、SZ300! どうしてL側で握らないんだ!?」
 今日も親方の怒鳴り声が工場に響く。
 あの日からボクは、L側で物を握ったことはない。
「ゴメンナサイ。チョウシガ、ワルクテ」
「このポンコツが。修理する金もねえし、どうすっかな……」
 親方がその場を去ると、ボクはそっとL側に指を丸める。そうすると、あの時の少女のぬくもりを感じられるような気がした。

(追記8/13:haruさんに朗読していただきました)



500文字の心臓 第115回「その掌には」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2012/07/28/6524571/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。