外れた町2010年10月15日 21時29分38秒

 水道水がものすごく美味しい町があると聞いて、早速俺は車を飛ばした。
 町の境界の峠には、土産物屋があって水汲みに必要な道具が並んでいる。
 ポリタンクが千円、柄杓が五百円、そして水道の蛇口の栓が——えっ、一万円!?
「ここで買っておいた方が無難じゃよ」
 冗談じゃない。一個一万円もする蛇口の栓なんて聞いたことも無い。
 俺は店主の忠告を無視して車を走らせた。

 まずは公園。ここで水道水を拝借しよう。
 持参したポリタンクを持って水飲み場まで行くと、案の定、蛇口の栓が無い。これは想定内とレンチを取り出してみたが、複雑な形でレンチが使えない。
「お兄ちゃん、蛇口の栓、貸してあげようか?」
 いつの間にか子供達が俺を囲んでいる。皆、首からペンダントのように蛇口の栓をぶら下げていた。
 満面のニヤニヤ顔から判断して、とてもタダとは思えない。
「十秒千円で」
 おいおいそれはガキの小遣いにしちゃ高すぎるだろ。

 しかし、どこに行っても蛇口の栓は外れていた。
 途方に暮れた俺は急な腹痛に襲われ、コンビニのトイレに駆け込む。無事に用を済ませて水を流そうとすると——タンクの上の蛇口の栓が無い。そして横には、一個二万円の蛇口の栓の自販機が鎮座していた。



500文字の心臓 第99回「外れた町」投稿作品☆逆選王

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2010/10/15/5416372/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。