物書き進化録2011年01月07日 20時03分42秒


↑上のバナーをクリックすると、他の方の「物書き進化録」を見ることができます。
(桐原さくもさんが作成されたサイトです)


『タイムマシン・ルーペ』 2006年1月 公開

クルクルッ、バッシャーン!
急に体が軽くなったと思ったら、いきなり水の中に落とされた。
何がなんだかわからない。
恐る恐る周りを眺めてみると、そこは穏やかな南国の海辺の風景。
きれいなサンゴ礁が、浅瀬を作っている・・・

文章塾に投稿。800字。
初めて書いた小説。
将来、続きを書いて長編にしようと温めている。




『チビ地蔵の恋』 2006年8月 公開

「絶、対、上を見ちゃダメだからねっ!」
念を押しながらマリコが梯子を登っていく。ここは高校の体育館の舞台袖。トン、トン、トンと響く振動は、上を見てみたい衝動を駆り立てる。
「登っていいよ!」
我に返った僕は、発砲スチロール製の雪が入った袋を担ぎ、梯子に手を掛ける。これから始まる演劇で降らせるものだ。

文章塾に投稿。800字。
文章塾に投稿した前作がボコボコになり、その後で再起を誓った作品。
この作品を書いて以来、どんなに酷評を受けても笑えるようになった。




『すみれ座を探して』 2007年7月 公開

「ねえ、すみれ座って知ってる?」
 幼馴染の菜々が、真剣な面持ちで聞いてきた。
「なんだそれ?場末の映画館?」
「はぁ?星見てんだから星座に決まってんでしょ!」
「ゴメンゴメン、僕が悪かったよ。ちゃんと聞くからさぁ…」

文章塾に投稿。800字。
一番好きな話。
また同時に、ついに小説内で人を死なせてしまったと悩んだ作品。




『ネチャード・イレラレン』 2008年1月 公開

私の名前は、ネチャード・イレラレン
華麗なる天才ピアニスト
世界中を旅して、お目当ての女性を探している

文章塾に投稿。800字。
エロを書く喜びに目覚めてしまった記念?すべき作品。
続編、続々編を書いて、800字三連作になった。




『幸子』 2008年9月 公開

 素人でも手軽に文章が書ける方法はないかと、ネットで検索を試みた。
 いろいろなページが表示される中で、目に止まったのはこんなサイトだった。
『私の文章作法』 踊る文章塾 by月影ネット

文章塾に投稿。800字。
初めて三段落ちにチャレンジした作品。
その後のショートショートのひな形となる。




『秘密の下駄箱通信』 2009年6月 公開

「今朝は入っているかな…」
 最近僕は、下駄箱を開けるのが楽しみだ。
(あ、あった!)
 誰にも見つからないように白い封筒を取り出す。カセットテープが入ったマリコからの手紙だ。

文章塾に投稿。800字。
文章塾最後の作品。
推敲不足の上、完全実話なのでダブルで恥ずかしい。




『魔女っ子メイド美羽』 2010年4月 公開

 ガッチャーン!
 な、な、な、な、何コレ、なんで冷凍庫にこんなもの入ってるの!?
 だ、誰か、来てーっ!
「どうした、何があった?」
 あっ、店長が来てくれたみたい。よかった……

即興三語に投稿。2000字くらい。
初めて1000字を超えた投稿作品。
この作品で、即興三語に飛び込んだ。お題消化に必死で、中身は意味不明。




『フライパン桜子』 2010年5月 公開

 きゃはははは!
 街の中心を流れる想井川。そこに架かる願石橋を渡っていた直人の耳に、子供達の笑い声が飛び込んできた。
「お姉ちゃん、早く早くぅ~!」
「今度はもっとスピード出してよ~」
「待ってなさい、今行くわよ!」

ラ研GW企画に投稿。11000字くらい。
初めて10000文字を超えた投稿作品。
800字のノリで書いたため、心情・情景描写不足を露呈。




『外れた町』 2010年10月 公開

 水道水がものすごく美味しい町があると聞いて、早速俺は車を飛ばした。
 町の境界の峠には、土産物屋があって水汲みに必要な道具が並んでいる。
 ポリタンクが千円、柄杓が五百円、そして水道の蛇口の栓が——えっ、一万円!?

500文字の心臓に投稿。500字。
逆選王となった記念作品。


コメント

_ haru123fu ― 2011年01月07日 21時27分34秒

あけましておめでとうございます。
つとむューさんは、ずっと、ずぅ~と書き続けているんですね。
すごいですね!私もクリスマス競作企画から、なんとなく何か
書いてみようかなぁなんて思って少しずつショート・ショートを
いたずらに書いたりしています。

今日の札幌は久々の猛吹雪。白い悪魔がやって来たようです(笑)
今年もどうぞよろしくお願いします。

_ haru123fuさんへ(つとむュー) ― 2011年01月08日 08時24分37秒

新年おめでとうございます。
いやぁ、懐かしい作品ばかりです。ずっと書き続けているというか、2006年から始めて細々と続けております。
2010年はかなりダッシュした感がありますので、今年はのんびりやろうと思っています。
札幌は寒そうですね。お体にお気をつけ下さい。
今年もよろしくお願いいたします。

_ フェルト雲 ― 2011年01月18日 09時01分47秒

こんにちは。フェルト雲です。

前回ラ研企画にて拙作にコメントを寄せていただいたのですが、そのことに気付かず、すでに冬企画で会場は盛り上がっている次第です。
せっかくコメントをくださったのにこちらの不注意で読むことができず、申し訳ありません。
まことに勝手なのですが、もしバックアップを持っておりましたらつとむューさんのコメントを読ませていただけませんでしょうか?

よろしくお願いします。

_ フェルト雲さんへ(つとむュー) ― 2011年01月18日 22時36分30秒

わざわざこちらへ来ていただいてありがとうございます。
そもそも僕のコメントが遅すぎたのが原因で、大変申し訳ありません。
残念ながらバックアップは持っていないのですが、貴作品を印刷したものと、そこに書き込んだメモは残っていました。

概要について、ここに記したいと思います。

「そして、蒼いバイオリニストは静寂を知る。」と「夢より浅い、ぬくもりの底」の二作品ですが、個人的には後者の方が気に入りました。
前者も、色が効果的に使われていて美しいイメージを受けましたが、気になる細かい点がいくつかあり、急いで完成されたような印象を受けました(例えば、電話でのセリフが『』ではなく「」になっていう箇所があるなど)。じっくりと推敲されれば、もっと良い作品になると思います。
後者は、電車の中での出来事がなかなかオリジナリティがあって面白いと思いました。その出来事ですが、状況が分かりにくいところもあったので、もう少し細かく描写してもらえるともっと作品が良くなると思いました。

こんな感じでしょうか。両作品とも点数は付けませんでした。連絡先等を教えていただけると、細かい点などをお知らせしたいと思います。
また、このコメントを後日消去してほしい場合は、ご連絡いただけましたら削除したいと思います。

フェルト雲さんの作品は、他の方にはない味があって個人的には好みです。
これからもよろしくお願いいたします。

_ フェルト雲 ― 2011年01月19日 10時21分10秒

ありがとうございます。
お時間あるときにお知らせしましたアドレスに詳細をお聞かせ願えるとうれしいです。

両者とも急ごしらえだったので粗さが目立っているにもかかわらず、読んでいただけて幸いです。

他の方にはない味ということですが、その持ち味を大切にしていきたいと思います。

なおコメントの削除は不要です。

それでは失礼します。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。このブログのタイトルは?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2011/01/07/5626854/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。