アントクアリウム7/31夜2007年07月31日 22時52分33秒


トンネルが、左側からだんだん中央に延びてきた。

このアリンコが穴を掘っているブルーの物体、
養分と水分を兼ねているということから、まさに寒天培地。
ちょっとした菌の混入から、カビみたいのが繁殖する。
(上から見ると、ぼやっと白くなっている)

ところが、このカビの繁殖地に、掘りくずを丁寧に乗せているヤツがいる。
きっとアリンコにとっても、カビは危険な存在なんだ。
仲間が死ぬとお墓を作るというが、それは仲間を埋めてるのではなく、
増殖する菌類から、身を守っているだけなのかもしれない。

コメント

_ よっぱ ― 2007年08月01日 19時37分31秒

おおっ!どんどん進んでますねぇ
最後には全部食べつくして空っぽになればとっても面白いのに(笑)

_ 鉛筆カミカミ ― 2007年08月01日 23時45分23秒

 はははははっ!

 よっぱさんその発想とっても面白い。さすが。

 蟻にとったら仕事と食事をいっぺんにやってるんだものなあ
 不思議な感じです。。。


 つとむューさん、今日文章塾に作品投稿しましたよ。
 あんまり自信はないな、今回。今までより特に。(苦笑)

 とにかく今度は、コメントくらいは完走できるように頑張りますよ。

 つとむューさんの調子はいかがですか?

_ ヴァッキーノ ― 2007年08月02日 02時04分21秒

しかし、アリンコってなんのためにこうやって穴を堀続けてるんでしょうね。
人間様にゃーわかるめぇよ!
なんて言われていそうです。
なんだか、職人の崇高な孤独が伝わってきます。

_ つとむュー ― 2007年08月02日 21時02分55秒

よっぱさん、鉛筆さん、ヴァッキーさん、
コメントありがとうございます。
(今、出張中で台風の近くにいます)

自宅に電話したら、アントクアリウムはすごいことになっているそうです。カビが大繁殖して、腐海のごとく瘴気を出しまくっているとか。それはまさに地獄絵だそうです。明日は、アリンコの救出作戦が決行されるらしい・・・(さらば、8匹の我が友よ・・・)

追伸 鉛筆さん、僕はもう投稿しました。今回は・・・・、おそらく修行の回になるでしょう・・・・(青春と恋心は、今回は入っておりませんのであしからず)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2007/07/31/1692798/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。