おはよう2014年03月17日 21時58分20秒

「おはよう、ずはいん!」
「おはよう、ずはいん!」
 朝の道場に元気な声が響く。締め括りの掛け声だ。しばらくすると、稽古を終えた若者達が道場から出て来た。
「今日の稽古も難しかったな」
「えっ、全然難しくなかったじゃない。ポン吉、あんたって運動音痴?」
「うるさいなあ、ポン子が天才なんだよ」
「あんな簡単な変身術の応用ができなくて、どうすんのよ」
「大丈夫。男子生徒に化けるのだけはできるから」
「男子生徒だけって、あんた、今朝習ったことを実践しないつもり?」
「ああ、おいらは勘弁だね」
 なんて不真面目な。ポン子はポン吉を睨みつけた。
「ところでポン子、化ける時に逆立ちするのって何故なんだ?」
「えっ」
 ポン子は絶句した。
「あんた、朝の掛け声を何だと思ってたの? 『尾は陽、頭は陰』って先生の教えの基本じゃない」
「あれってそんな意味だったのか」
「あ、あんたねえ」
「やべぇ、遅刻しちまう」
 ポン子の嘆きを遮るように、ポン吉は逆立ちして男子生徒に変身する。
「ちょ、ちょっと待ってよぉ……」
 ボン子も慌てて逆立ちし、食パンを咥えた女子生徒に変身した。



500文字の心臓 第129回「おはよう」投稿作品