それでも星は輝いている2010年09月04日 23時58分43秒

「別にあんたじゃなくったっていいんだけどさ、皆がどうしてもって言うから、仕方なくいってるのよ。そこんとこ分かる?」
 天の川のほとりで、俺は織姫と肌を合わせている。
「仕方なくいってるって、気持ちいいからいくんじゃないのか?」
 俺は腰の動きを少し早める。
「だって一年に一回のセックスじゃない。いかなきゃ損よ。あっ、それ、いいわ、その調子で頑張って」
 俺はさらに腰の動きを早めた。

 俺の名前はヘルクレス。残念ながら彦星じゃない。
 肝心の彦星は今ごろどうしているかというと――天の川の向こう側の自宅に引きこもっている。温暖化かなにかで流れが激しくなり近寄るのが恐いと、彼が天の川を渡らなくなってすでに五年。最初の年は、輝きが鈍った織姫に、天変地異が起きたのではないかと地球上では大騒ぎになったそうだ。彼女が一年に一度、艶々しく輝くのがそんなに嬉しいのだろうか。地球人の楽しみはよくわからない。
 しかし、一番がっかりしたのは織姫だった。一年に一度の楽しみを失ってかなりのヒステリー。そして、彼女はやっと俺に気が付いた。
『あれ? 隣にいい男がいるじゃない。あんた、いつからそこにいるの?』
 いや、ずっと前から隣に居たんですけど。
 名前は勇者そのものだけど、暗い星ばかりで全然目立ってなかったからね。毎年、逢引に訪れる彦星を眩しく思っていたもんだ。やっとその役が俺にも回ってきたと最初は喜んだ。しかし――
 彼女、ぜんぜんいかないんだよ。
 いつも俺が先に果ててしまう。するとものすごく機嫌が悪くなるんだ。まるで俺が悪人であるかの如く当り散らす。もしかして、彦星が引きこもってしまったのはこれが原因なんじゃないだろうか。
 だから俺は、七夕の暮れ方になると気合を入れて数式を覚えた。解の公式、三角定理、確率分布。それらを頭に浮かべながらセックスに臨むと、なんとか彼女を満足させることができた。彼女が輝きを取り戻すにつれて、地球人にも夏の風物詩を楽しんでもらえたようだ。それにしても、卒業したら二度と使わないと思っていた高校数学がこんなところで役に立つとは。

「いいわ、その調子よ、去年よりずっと素敵」
 でも、今年はちょっと趣向を変えてみた。
「ああ、すごくいい。いきそうだわ。もっと、もっと……」
 俺は果てることなく腰の動きをさらに激しくする。
 なかなかいい方法を見つけたもんだ。これなら去年よりも楽に彼女を満足させることができる。来年も、即興三語小説を考えてみることにするか。



即興三語小説 第71回投稿作品
▲お題:「暮れ方」「気合」「天の川」
▲縛り:以下の五つから三つを選んで使用すること
「季節感を出す」「天変地異を起こす」「主人公がニートである」「セックスシーンを入れる」「派手な喧嘩シーンを入れる」
▲任意お題: 「若のマア」「別にあんたじゃなくったっていいんだけどさ、皆がどうしてもって言うから、仕方なくいってるのよ。そこんとこ分かる?」「綿毛」「川の中のフェラーリ」「リーリーリー」

エジプト土産2010年09月11日 08時03分40秒

 遺跡発掘のアルバイトで、一ヶ月間エジプトに行っていた妻からメールが届いた。
『無事日本に到着! お土産を用意しているから今晩は早く帰って来てね』
 仕事が終わって自宅に着くと、なんだか薄暗い。妻が待っているはずでは? と不思議に思いながらリビングに入ると――突然の照明と共に、アラブ調のリズミカルな曲が流れてきた。そして、ビキニトップと深くスリットの入ったスカートに身を包んだ妻がなまめかしく腰を揺らしながら登場。
「ベリーダンスか?」
「ラクス・シャルキーって言うのよ、向こうでは」
 踊りながら妻が体を寄せてくる。さすがは本場仕込。腰使いも上手いし、何よりくびれがセクシーだ。
「それで土産ってなんだ? そのセクシーな衣装? 今かかってる音楽? それとも俺にダンスを教えてくれるってか?」
「何馬鹿なこと言ってんのよ。あたしよ、あ・た・し」
 激しくなるリズムに合わせて妻が腰を振ると、スリットからスカートの中がチラチラと見える。どうやら中は何も着けていないようだ。
「「お帰り」」
 俺と妻は熱いキスを交わすと、そのまま二人でベッドに倒れこんだ。

 十ヵ月後、妻にそっくりな第一子が生まれた。彫が深くて俺よりハンサムな男の子だった。



500文字の心臓 第98回「エジプト土産」投稿作品

タバ吸娘2010年09月12日 00時01分42秒

「おーい、そこのタバスコ!」
 俺はベランダに佇む凛子を呼ぶ。
「タバスコって誰のことよ」
 凛子が振り返る。
「お前のことだよ、凛子。タバコを吸う娘と書いてタバスコ。知らないのか?」
「煙草を吸っちゃ悪い?」
 凛子はベランダの手すりを灰皿代わりにして、面倒くさそうに部屋に戻って来た。
「悪い。キスが臭くなる」
 そう言いながら俺は凛子を引き寄せる。いつものように、キスは煙草の匂いがした。

 大学のサークルに入ってきた凛子を見た瞬間、俺は彼女に恋してしまった。ショートカットの黒髪に、ちょっと鋭い目つき。人の心をえぐるようなその視線は、俺の心を鷲掴みにした。
 俺はすぐに凛子をデートに誘い、二人は付き合い始めた。そして最近は、俺の住むマンションの部屋に凛子が遊びに来るようになっていた。

「やっぱ煙草くせえ」
「じゃあ、キスなんてしなきゃいいじゃない」
 実は、俺は極度の煙草嫌いなのだ。
「それでも好きなんだよ、お前のことが」
 そう言って俺は扇風機のスイッチを入れる。鼻先から風を浴びると、煙草臭さはどこかへ消えていくような気がした。
 そうだよ、好きなんだ。凛子の顔の造りや、このさばさばとした性格が。ヘビースモーカーでなければずっと眺めていたいのに。
「扇風機なんか付けちゃって、好きって感じが伝わってこないんだけど」
 そして凛子は後ろから俺に抱きついてくる。
 どうやら凛子は俺の背中が好みらしい。しばらくの間、凛子は俺の背中に手を這わせていたが、何を思ったのか俺の短パンのポケットに手を入れてきた。
「こんなに火照っているのに?」
 俺が煙草の匂いが平気になればいいのに。そして凛子が煙草をやめてくれればいいのに。
 俺たちの関係はいつまで経ってもキスから先に進めなかった。



一時間で書く即興三語小説
▲お題:「灰皿」「タバスコ」「扇風機」

ナスとチーズは地球を救う?2010年09月13日 00時44分19秒

「♪桃栗千日、柿三千日~」
 包丁を使ってナスを切っている千秋の口から、楽しげな歌が流れてくる。
「なんだ、その歌は? 『桃栗三年、柿八年』の間違いじゃないのか?」
「先輩、古いですねぇ。今は日数でカウントする時代なんですよぉ」
 おいおい、いつからそんな時代になったんだよ?
「じゃあ、人は三万日か?」
「ざんねーん先輩。人は一万一千日ですよぉ。だってこの歌に出てくるのは、芽が出てから実がなるまでの期間じゃないですかぁ。最近、第一子を出産する女性の平均年齢は三十を超えようとしているって話ですよぉ。ダメですよね、そんなことじゃ。先輩もそう思いません?」
 千秋が上目遣いで俺の目を覗き込んでくる。もしかして、俺に何かを期待してるんじゃないだろうか。

「私も、もう一万日なのになぁ……」
 さりげなく私は呟いてみる。
 そんな私のメッセージを雅幸先輩は気付いてくれたかな?
 来月で、先輩と付き合い始めてから五年。そろそろプロポーズしてほしいと思っているんだけど、ちっともそんな素振りを見せてくれない先輩にちょっと不安になっている。

「ところでなんでこんなに沢山のナスを持ってきたんだ?」
 俺はため息交じりで千秋に聞いてみた。
 彼女は何処からか持ってきたナスを、俺のマンションのキッチンに所狭しと並べている。
「私の職場で育てているんですよぉ。『木炭ナス』って品種なんですぅ。木炭に加工しやすいナスを開発して、温暖化対策の目玉商品として売り出そうと開発してるんですよぉ。ほら、木炭って元は大気中の二酸化炭素じゃないですかぁ。その重さの分だけ、二酸化炭素を減らしたことになるんですよぉ」
 温暖化対策か何かは知らないが、食べたらダメだろう、食べたら。
「先輩、そんな怪訝な顔をしないで下さいよぉ。名前は『木炭ナス』だけど、ちゃんと食べれるんですからぁ」
 とかなんとか言って、千秋の会社の失敗作品の大量在庫なんじゃないのか?
「本当に食べれるの? ただの売れ残りなんじゃないの?」
 俺が悪態をつくと、千秋は少し不機嫌になった。

 う、売れ残り!?
 私に売れ残りの烙印を押している張本人は誰だと思っているのよ、先輩。
 さっきの呟きも、全然気付いてくれてないみたいだし。
 そんなことをぶつぶつと考えていたら、だんだんナスが切れなくなってきたよ。
 砥石はどこにあるのだろう、と台所を物色していたら――黄色くて硬い物体を発見した。これなら包丁が砥げるかもしれない。
「せんぱーい、これで包丁を砥いでいいですかぁ?」
 私がその黄色い物体を顔の前にかざすと、リビングに居る先輩の顔色がさっと変わる。
「だ、ダメだ、それに触っちゃ!」
 おっと、先輩の秘密を発見しちゃったようね。
「ふふふふふ。これって、何か大切なものみたいですねぇ。先輩が正体を教えてくれないのなら、私の会社で分析してもらっちゃおうかなぁ。結婚してくれるのなら考え直してもいいですけどぉ」
「分かった、正体を教えるから、それだけはかんべんしてくれ」
 えっ、それだけはって結婚する気ナシってこと? 何気に一生分の勇気を振り絞った台詞だったんだけど、これは落ち込むわ。
「それはチーズなんだ」
 チーズだろうが、砥石だろうが、もうどうでもいいんですけど……
「俺の会社で開発している特殊なチーズなんだよ。醗酵時に生じる二酸化炭素を即座に固定してしまう菌を開発したんだ。だからそんなに硬いんだ」
 何が何だかよく分からないけど、二酸化炭素を固定って、私の会社の『木炭ナス』と同じじゃない。
「それって、温暖化対策ぅ?」
「そう、温暖化対策。だから千秋、今の会社を辞めて俺の会社に来ないか? 俺が一生面倒見るから」
 えっ、今先輩何て言った? 一生面倒見るって言ったよね。やったーっ!!

 千秋が満面の笑みで俺に抱きついてきた。
 そして俺たちはいつものようにキスを交わす。
 危なかった。あのチーズを千秋の会社で分析されてしまったら、俺の首が飛ぶところだった。でも逆に千秋を俺に会社に引き抜くことができそうで、ちょっとラッキーかもしれない。『木炭ナス』の企業秘密を手に入れることができれば、俺の株も上がるというもんだ……



即興三語小説 第72回投稿作品
▲お題:「烙印」「チーズ」「ナス」
▲縛り:「料理のシーンを入れる」「ナスの品種またはチーズの銘柄まで書く(どちらかでOK)」「途中で視点キャラを切り替える(最低一回)」
▲任意お題:「砥石」「ため息」「木炭」「人生は三万日」「一生分の勇気」

輪になれば大丈夫2010年09月18日 22時03分10秒

「翌朝、姉のジュリアが部屋から出てこないのを不審に思ったヘレンは、窓からジュリアの部屋を覗いたの」
 茜が目を輝かせながら俺に話しかけてくる。こんな表情をする時は、決まってミステリーの話だ。
「すると、ジュリアは床に倒れている。慌てたヘレンは窓を割って部屋に入った。すると……」
「ジュリアは死んでいた?」
「そう、死んでいた。ドアと窓には鍵がかかっていたの。そして他に出入り口はなし」
 密室殺人――茜が最も好むジャンルだ。
「ジュリアも災難だったね、急病で死んじゃうなんて」
 俺はワザと茜の話を腰を折った。
「違うわ。これは殺人よ」
 口を尖らせて反論する茜。こんなことでムキになったりするところが意外と可愛かったりする。まあ、『こんなこと』と言った時点で凄く怒られそうな気もするのだが。それにしてもコイツは、本当にミステリーが好きなんだな。
「じゃあ、ヒントをくれ」
 降参という格好で手を広げながら、俺は椅子に腰掛けた。
「あんた真剣に考える気があるの? 全く、歯応えがないわね」
 ちょっと馬鹿にしたような表情を浮かべながら、茜も俺と向かい合わせに椅子に座る。
「ジュリアの部屋にはただ一つだけ、通気孔があったの。これがやっと通るくらいのね」
 そう言って茜が手の中で何かをジャラジャラと動かし始めた。腰を浮かせて覗きこむと、それはビーダマだった。俺はそれを見つめながら彼女が好む解答をひねり出す。
「ビーダマ型の毒ガス発生装置が投入された?」
「ブブー。ジュリアの部屋のインコはちゃんと生きていたわ」
「じゃあ、ビーダマ型の毒入り飴をジュリアは食べてしまった」
「床に落ちていたのを女性が食べると思う? 子供じゃないんだから。それに、ジュリアからは毒物は検出されなかった」
「ビーダマが十万個部屋に入れられて、ジュリアは窒息死した」
「それならヘレンが窓から見た時にわかるじゃない」
 ああ、不覚にも茜の挑発に乗って問答が始まってしまった。早くこのミステリー地獄から脱出したい。どうしたら茜は満足してくれるのだろう。
「そのビーダマは、ジュリアとへレンが共に愛したロイロットにジュリアがプレゼントしたもので、下着の中にビーダマを隠していたジュリアがそれを取り出す姿にロイロットはすっかり心を奪われてしまい、その妖艶に濡れたビーダマを見つめるロイロットの姿にジュリアも胸が熱くなったのだが、なぜかそれがヘレンの手に渡ってしまったことをジュリアは知り、通気孔から投入されたそのビーダマを見たジュリアは恥ずかしさと悔しさのあまり死んでしまった」
 息を切らしながら俺が茜の顔を伺うと、彼女の頬はちょっと赤くなっていた。しかしその色もすぐに消えたかと思うと軽蔑の色に変わる。
「バカじゃないの。もう、アホらしくなった。いいわ、答えを教えてあげる」
 茜は一つ深いため息をつく。
 無理した甲斐はあった。この問答から抜け出せるなら、バカと言われても別に構わない。
「ひもよ。通気孔から入ってきたのはね、ビーダマじゃなくてひもだったの」
「ま、斑のか?」
「そうよ。よく知ってるじゃない」
「そんなのずるいぞ。ひもだなんてひとことも言ってなかったじゃないか」
 俺は反論する。
「あら、私もビーダマだなんて言っていないわ」
 茜も負けていない。
「ビーダマくらいの大きさの斑のひもなんてあるもんか」
「ビーダマくらいじゃないわ。ビーダマよりも小さなひもよ。それがあるって設定なの」
「ひもだったら途中で引っかかっちまうだろ」
「大丈夫よ。輪になってるから」
 なんだろう。この議論はどこかで聞いたことがある。
 茜の反論を聞きながら、俺の頭にはある言葉が浮かびつつあった。
「輪になってるからいいってもんじゃないぞ。まるで、基本単位を無限に小さな点と考えましょうと言っている議論中に、それはひもだと主張するようなものだぞ」
「でも輪になればすべてが解決するのよ」
 そうだ、その言葉は――
「「超ひも理論!」」
 二人が同時に一つの言葉にたどり着くと、しばしの間静寂が訪れた。窓ガラスをカタカタと揺らした秋風が、隙間を通って部屋に入り込み俺達の間に漂う妙な高揚感を冷やす。
 二人がまた椅子に腰掛けると、茜が再び口を開いた。
「それでね、今度は妹のへレンが……」



即興三語小説 第73回投稿作品
▲お題:「超ひも理論」「秋風」「ビーダマ」
▲縛り:「脱出する話にする」「表情の描写を意識する(目標)」
▲任意お題:「密室殺人」「壊れた蓄音機」「さよならだけど最後じゃない」「卒業」「ゆらぎ」