ラジオ講座2009年04月20日 21時58分59秒

「ねえねえ知ってる?」
 廊下で僕を見つけたマリコが走ってやって来る。
「M先輩ね、W大学受かったんだって!」
「えっ、すごいじゃん」
 最近、上級生の受験結果が校内で飛び交っている。そのことは同時に、次は自分達の番であることを告げていた。
「受験勉強か…」
 そろそろ始めなくてはと思いつつ、何をやったらいいのか分からないと手付かずのままにしている超重要課題だ。
「私ね、M先輩にいいこと教えてもらっちゃった」
「なんだいそれは?」
「ラジオ講座って知ってる?」
「ああ、名前だけは」
「あれってすごくいいんだって。先輩もそれで勉強してたんだってよ」
「へぇ~」
「どう、一緒にやらない?」
「やらないって、W大でも目指してんのかよ」
「そうよ、だってM先輩と同じ大学に行きたいもん」
 結局それかよ。マリコの誘いに乗るのも一案だけど、発端がM先輩というのがちょっと引っかかる。
「なんか面倒くさそうだな」
「えー、ねえ一緒にやろうよ、今度面白そうな講義を録音して持って来るからさぁ」
「ああ聞くだけならな」
 もしマリコが録音テープを持ってきたとしても、それを渡したかった相手は僕ではなくM先輩なんだよ。そう思うと、少し憂鬱になった。

 それからしばらくの間、マリコから連絡は無かった。どうせ他のヤツにも声を掛けて、すでに勉強仲間を見つけたに違いない。そう思っていたある日、下校時の下駄箱に手紙を見つけた。差出人はマリコだった。

「ラジオ講座のテープか…」
 校舎の裏でドキドキしながら封を開ける。中身はカセットテープと、小さく折り畳まれた一枚の紙。
「レポート用紙?」
 広げてみると、そこにはきれいな字でぎっしりと講義の解説が書かれていた。桜の花のような、いい匂いがする。
「仕方ねえなあ…」
 僕は自転車に乗り、街の本屋へと向かう。もちろんラジオ講座のテキストを買うためだ。M先輩と同じ勉強方法は癪と思いつつ、駆け下りる坂道もペダルを漕ぐ自分がそこにいた。


文章塾という踊り場♪ 第34回「兆し」投稿作品

コメント

_ おっちー ― 2009年07月11日 15時49分12秒

 失礼致します。

つとむューさん

 こんにちは。おっちーです。

 もうご存知かもしれませんが、今度僕は、友達と協力してホームページを立ち上げる事になりました。
 題名は『都緒king物語(Talking Story)』といいます。
 地域密着型の物語と、紀行文を紹介するページです。
 常にアンテナを広げているつとむューさんの事なので情報をキャッチするのは早いと思いますが、一応宣伝とお誘いのコメントを入れさせていただきました。
 『都緒king物語』では、皆さんから作品を募集しようと思っています。
 そこで、よかったらつとむューさんもそのセンスの良さでひとつ……とは言わず、2つでも、3つでも……勿論お暇があればで結構なんですが、作品の投稿をして頂けないでしょうか。
 とりあえず、遅くとも1月以内にはそのホームページが立ち上がります。
 その際には、是非、お立ち寄り下さい。僕のブログにリンクを張りますので。
 それで、興味を持たれたならば、是非ご参加下さい。
 よろしくお願い致します。

 それでは、失礼致します。
 ではでは。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2009/04/20/4287604/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。