日の出パニック2009年01月18日 17時03分26秒

―2008年12月25日、中国上海郊外
 病床の予言者クーは、突然起き上がり目をかっと見開いた。
「日の出の頃、日の出国の使者が闇をもたらす。我が民はダイヤを失うだろう」
 この予言はたちまち中国中に広まった。というのも、クーは大地震やロパク問題などを的中させた偉大な予言者だからだ。人々はパニックに陥った。
「日の出って元旦か?」
「日の出国って日本か?使者とは何だ?」
「ダイヤを失うって、それほどの経済的な損失が?」
 噂が噂を呼び、国際問題に発展しかかったが、実際元旦になってみると何も起こらなかった。クーが予言を外したのは今回が初めてだったが、大騒ぎになったのが響いて失脚した。

―2009年7月22日、日本国立宇宙研究所
「博士、我が国の月探査衛星について、大変なことが判明しました」
「ついに月に墜落か。燃料はもう無くなってしまったからな」
「それがですね、その墜落時間が問題になりそうなのです」
「というのは?」
「本日、中国から日本にかけて皆既日食が起きるのはご存知ですか?」
「ああ、知っているが…」
「墜落時間は、ちょうど日食が上海で観測される頃なんです」
「それが何か問題なのかね?」
「日食観測を邪魔する可能性が…」
「詳しく聞かせてもらおう」
「はい。日食で太陽が再び顔を出す時、とても綺麗に輝くのはご存知ですよね」
「ああ、その美しい形から”ダイヤモンドリング”と呼ばれている」
「そのダイヤの部分に、墜落による粉塵がかかってしまいそうなんです」
「なに!?つまり上海では、今回ダイヤモンドリングは観測できないということか?」
「おそらく…」
「この話は?」
「他の誰にも話していません」
「では我々だけの秘密にしよう。たとえダイヤモンドリングが見えなくても、誰も原因はわからないだろう。大気汚染も顕著だって話だし…」
「………」

―2009年9月14日、中国上海郊外
 予言者クーのもとに、ロケット打上日の予言の依頼が日本から届いた。


文章塾という踊り場♪ 第31回「年末年始らしいもの」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2009/01/18/4127814/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。