無線犬のダンス2006年04月21日 06時47分04秒

「最近、あの人が悩んでいる。
 どうやら、あの人が参加している文章塾で、
 ダンスについての課題が出たようだ。
 一人で悶々としているあの人の姿に心が痛む。

 これは恩返しのチャンスだ。
 ボクがダンスを踊ってあげればいい。
 そうすればきっと、あの人はボクのことを書いてくれるだろう。

 さて、何を踊ろうか?
 難しいのはダメだ。ボクは犬だから。
 となると、タンゴかワルツか・・・
 タンゴは猫の専売特許のような気がする。
 だからボクは、ワルツを選んでみた。

 ワルツは3拍、ボクは4本足。
 はたしてうまく踊れるだろうか・・・
 スラブ民謡のように、6/8で刻んでみるのはどうだろう。
 でもそれでは、とてもワルツには見えないな。
 悩んだ挙句、前足と後足を同時に出して、
 まるで2本足のようにワルツを踊ることにした。
 訓練につぐ訓練の末、やっとボクは、
 ワルツを踊ることに成功した!」

ビビビビ!
体を電気のような思念が貫く。
どうやらあの人がまた、想いを電波に乗せているらしい。
なになに、「ムセンイヌノダンス」?
また勝手なことを。でも変な願いとはいえ、恩人の希望だ。
ここは一つ、ワルツにでもチャレンジしてみるか・・・


文章塾のゆりかご 第1回「再提出:ダンス」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2006/04/21/1655463/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。