タイムマシン・ルーペ2006年01月10日 11時02分21秒

クルクルッ、バッシャーン!
急に体が軽くなったと思ったら、いきなり水の中に落とされた。
何がなんだかわからない。
恐る恐る周りを眺めてみると、そこは穏やかな南国の海辺の風景。
きれいなサンゴ礁が、浅瀬を作っている・・・

いったいどうしてこんな事になったのだろう。
旦那の書斎に忍び込み、変な箱を見つけたところまでは覚えている。
その箱には「タイムマシン・ルーペ」と書かれていた。
箱を手に取り、中の物をそっと出してみる。
なんてことはない、ただのルーペだ。
試しに、机の上のサンゴの化石を見てみよう・・・とそこで、
ふわっと急に、体が軽くなったのだ。
 
「このルーペで石を見ると、その時代に行くことができます」
海水に膝までつかりながら、ルーペに書かれている説明を読む。
するとここは、サンゴの化石ができた時代ということか・・・
でもそれならば、そんなに悲観することはない。
現代に帰るためには、
現代で作られた石をこのルーペで見ればいいのだ。
 
身につけている物の中に、そんな石はないか探してみた。
すると、まばゆい南国の太陽に、指輪がキラリ。
これは結婚するときに旦那がくれた物だ。
リングの中に、小さなダイヤが埋め込まれている。
このダイヤが人工だったら、現代に帰れるはずだ。
 
しかし、もしこのダイヤが本物だったら・・・
その時に飛んで行ってしまうダイヤが結晶した世界って、
いったいどんな所なんだろう。
そんな得体の知れない所に行くくらいなら、
いっそ、この南国で暮らした方がいいのでは・・・
 
ガサガサ!
不意の物音に思考が中断する。
海岸を見ると、森の中から映画でよく見る凶暴な恐竜が!
この海辺には隠れるところは全くない。
見つかるのも時間の問題だろう。
覚悟を決めて私は、あのルーペと指輪を握りしめた。


へちま亭文章塾 第4回「小説」投稿作品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の質問です。第1回カクヨムWeb小説コンテスト応募した作品名は?(答えはブログトップ)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsutomyu.asablo.jp/blog/2006/01/10/1655426/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。